CoderDojoとは

CoderDojoとは「ボランティアによる若い人たちのための無料のプログラミングクラブ」で、2011年にアイルランドで始まった世界的な活動です。 CoderDojoとは何かを知っていただくために、アイルランドのCoderDojo Foundationが掲げる考え方を紹介します。

What Is CoderDojo?

CoderDojo is a worldwide movement of free, volunteer-led, community-based programming clubs for young people. Anyone aged seven to seventeen can visit a Dojo where they can learn to code, build a website, create an app or a game, and explore technology in an informal, creative, and social environment.

The CoderDojo movement believes that an understanding of programming languages is increasingly important in the modern world, that it’s both better and easier to learn these skills early, and that nobody should be denied the opportunity to do so.

CoderDojoって何?

しかし、英語ではよくわからないという方もいらっしゃると思いますので、日本語訳を載せておきますね。

「CoderDojoは、ボランティア主導で且つコミュニティベースな無料の若い人たち向けプログラミングクラブの世界的な活動です。7歳から17歳までの誰でもDojoを訪れて、コードを学んだり、ウェブサイトを作ったり、アプリやゲームをつくったり、技術を探求することができる、カジュアルで創造的な環境です。

CoderDojoの活動の中では、プログラミング言語の理解が現代の世界でますます重要になってきていると考えられています。若いうちにこれらのスキルを学ぶほうがより容易に習得しやすく、誰もがその機会を拒否するべきではないと考えています。」

CoderDojoガイダンス

ここまでの内容は、CoderDojoとしての最も基本的な考え方の部分です。実際のDojoの様子や考え方を知っていただくには、こちらのスライドをみていただくのがいいと思います。

CoderDojoガイダンス(最新版) from K. Toga.

私たちは、活動の場をDojoと呼んでいます。これは空手や柔道などで使う「道場」と同じで、CoderDojoの創始者が合気道をやっていたこともあって、自分たちの活動の場を「道場(Dojo)」と呼ぶようになったようです。

もし、CoderDojoの活動に興味を持たれたら是非、お近くのDojoに足を運んでみてください。