メンター参加者向けガイダンス

CoderDojoの活動に関心をもってくださって、ありがとうございます。

CoderDojoはボランティアの運営による「プログラミングクラブ」活動です。奈良は2014年10月、生駒は2016年5月より活動しています。
「プログラミングを教える」というよりも、「子どもたちがつくりたいものをサポートする」活動です。したがって、決まったテーマやカリキュラム、テキストはありません。 CoderDojoの活動については、こちらのスライドがとてもよくわかるので、ご覧ください。

CoderDojoガイダンス(CoderDojo小平の代表者が作った資料です)

この資料の中にもでてきますが、CoderDojoでは参加する子どもたちを「忍者」、サポートする大人や学生さんを「メンター」、代表者を「チャンピオン」と呼びます。

CoderDojo全体のルールで、メンターとして参加していただくには事前にチャンピオンとの面談が必要となっています。これは、CoderDojoの活動の趣旨や目的を理解していただいた上で参加していただくことと、CoderDojoがたくさんの子どもが参加する活動であり、活動場所での安全を確保すること、この2つの目的ためのもので、例外なく行わせていただいています。ご了承ください。

しかし、実際にお会いすることは時間的や地理的な制限から難しいので、Google HangoutやSkypeを使ったオンラインのビデオ会議で実施しています。15分〜20分程度で完了しますので、実施日時の調整に協力をお願いします。

こちらのリンク先に、メンターとして理解し賛同していただきたいことをまとめていますので、こちらの内容をあらかじめご確認ください。不明な点があれば、面談の際にお問い合わせください。

メンター同意書

面談の中では、以下の点についてお話させていただきたいと思います。

  1. 自己紹介
  2. CoderDojoの活動の趣旨(資料をご覧いただいていると思いますが、簡単に説明します)。
  3. CoderDojoを知ったきっかけを教えてください。
  4. CoderDojoに参加しようと思った動機を簡単で結構ですので教えてください。

以上の内容をご確認の上、参加を希望していただける方はこちらのフォームからご連絡ください。よろしくお願いいたします。

CoderDojo関連サイト